生活の支障を防ぐには液状化対策を行なうことが大切

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀な建物の証拠

ヘルメット

防火対象物点検を行っておけば、安心して建物を利用することができます。安全性を証明したことになるためです。とくに優秀な対策を取っている建物だと免除される可能性があります。免除されると防火対象物点検を行う手間が省けます。

地盤の強度が重要です

工事現場

地盤の強度によって住宅の配置を変更する必要性が生じる場合がありますので、地質調査は重要です。地盤改良工事を行えば、軟弱地盤であっても住宅建築をすることは可能ですが、将来的な撤去等を踏まえると、できるだけ元の地盤を活かすことが大切です。

地震後の地盤対策

工事

何通りかの方法で対処

大きな地震の後には、液状化と呼ばれる現象が発生する地域が見られます。液状化が生じると、生活に多くの障害が生じます。現在では、被害が懸念される地域の液状化対策が各地で徐々に始められている段階です。液状化対策を行う際には、様々な方法で地盤を強化していきます。現在の所、土壌を安定させるための方法が何通りか考案されています。例えば、液状化を呈している所に土を持ち込む方法が、一つの対策として挙げられます。土の量が多くなれば、水の影響を受けにくくなります。また、より確実な方法となるのが、土の部分を人工的に固めてしまう液状化対策です。その他、器具を使った施工や土壌の水分を予め抽出する方法などが試みられます。

住宅施工前の準備に活用

液状化対策は、近ごろ地域の建設業者などが請け負います。新たに家を立てる方からの作業の依頼が、昨今は特に目立ちます。購入した土地の強度を確認し、より万全の対策を講じるのが依頼者側の目的です。新しく造成された地域や近隣で液状化現象が起こっている地域は、購入後に何らかの対策を講じる方が多いのが本当の所です。いったん液状化が始まると、建物の安全性が著しく低下します。地盤の不安定さによって生じる、二次的な被害も懸念されます。予め土壌の点検をして液状化対策を行っておくと、家に生じる被害が防げます。宅地販売などを行う施工業者が、液状化対策を専門業者に依頼するケースもあります。この場合、安全性を高めて購入者を安心させるのが、大きな目的です。