生活の支障を防ぐには液状化対策を行なうことが大切

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 地盤に応じた住宅建築

地盤に応じた住宅建築

地盤改良

地盤強度の調査方法

現在では鉄筋コンクリート造だけでなく木造住宅でも高い耐震強度が求められるようになり、地震に対する強度を高める設計がされるようになりました。住宅の耐震基準は2000年以降に大きく向上しましたが、耐震強度は基礎工事や地盤によっても大きく影響を受けるものです。軟弱地盤の上に住宅を建てる際に十分な対策を実施していない場合、大地震の揺れで家が傾いたり地盤沈下が発生したりする可能性があるのです。水分の多い地盤では地震で液状化現象が起きる懸念もあることから、住宅を建てる前には土地の地盤調査を実施するのが一般的です。地盤調査にはSWS試験とも呼ばれるスウェーデン式サウンディング試験の他、ボーリング試験や平板載荷試験などの種類があります。木造住宅の場合に多く採用されるSWS試験は、スクリューを土中に貫入させることで地盤強度のN値を求める方法です。RC工法住宅など鉄筋コンクリートの建物ではボーリング試験を実施するのが一般的で、この場合はサンプラーを打ち込むことでN値が求められると同時に土も採取できます。この他に平板載荷試験が併用されるケースもありますが、地形図や周辺地形から地盤を調べることも欠かせません。

杭工事による地盤改良

一般に斜面や台地といった地形では安定地盤が多いのに比べ、低地や埋立地・造成地などでは軟弱地盤が多い傾向も見られます。海岸や河川を埋め立てたケースに加え、農地を住宅地として造成したケースでも水分を多く含む地盤が少なくないのです。地盤調査の結果軟弱地盤と判明した場合でも、その土地への住宅建築が不可能ということはありません。事前にしっかりとした地盤改良工事を実施することによって、軟弱地盤でも安定地盤とそれほど変わりない耐震強度が得られるようになるものです。木造住宅を建てる場合や軟弱地盤の層が比較的浅い場合には、表層改良工法が多く実施されます。軟弱層が深いケースや鉄筋コンクリートの建物を建てる際には、鉄またはコンクリートの杭を支持層まで打ち込む工事によって建物を支えることが可能です。杭工法にはある程度の費用もかかることから、地盤調査の結果次第では工事が回避されコストダウンにつながります。このように地盤調査と地盤改良工事を確実に実施することによって、いつ襲ってくるかわからない地震への備えも万全となるものです。地盤や住宅の種類に応じた事前対策を行っていれば、長く安心して暮らせるようになるのです。